「堕落論」に見る人間の本質。[2018-87]【読書レビュー#201】

DB88_cakekuu15144603_TP_V.jpg

やっと2018年分最後のレビューを迎えることになりました。

最後のご紹介にしてこれ。


自堕落な自分のことかと・・・


坂口安吾の代表作的なことが書かれてたので読んでみました。
これまた初、初坂口安吾なんですが、なんというか良くわかりませんでした。

読んでいる途中、書いてあることは同意することが多いにあったんですが、
読み終わってはて感想を、と思うとなんか残らない。

自分の脳みそに問題があると思うので、暇を見つけてもう一度読んでみたいです。

一番印象に残った、というか最後だから印象が強いだけなんでしょうが、

戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ

というくだりであります。

堕落論
読了日: 2018年12月31日



ちなみに1冊とカウントするのもどうかと思う、続堕落論、というのもありまして、
そちらを読み終えて書きつけたメモが以下でした。


続堕落論
読了日: 2019年1月1日

堕落論の続編。短い。
書かれてることは鋭いな、と思うんだが、印象に残ったところというと、ここぞ、
というのがなんか残りにくいなぁ、というのが堕落論と、続編のこれを読んでみての感想。

もうちょいと味わいながら読まないといけないのか。


だそうです。
要再読、ということで。


大変だらしないしまり方ですが、これで2018年のレビュー、大団円とさせていただきます!

この記事へのコメント