“コミックで”アドラーを学ぶ。マンガじゃないのよ。[2019-56]【レビュー#257】

YUKA150701038569_TP_V.jpg

3冊目の向後千春さん。前回紹介の「アドラー…」の直後に読みました。
(前2冊のレビューはこちら:

本日紹介のこちら、「コミックでわかるアドラー心理学」コミックだけに、
あっという間に読めます。
所要時間30分くらい、でしたでしょうかね。

でも内容は決して薄いわけではなく、逆にこれだけの分量で大事なポイントをコンパクトに、
ギュッとまとめられる、というのは素晴らしいな、と思いました。

  アドラーってなにそれ?んまいの?

な人はまずこれを読んでみるといいかもしれません。

1時間後にはアドラー通?!みたいな。
漫画のストーリーとしてはどうなんですかね、これは。

あまり最近の漫画読まないのでわかりませんが、帯にある「学べて、泣ける」
というのはどうかなぁ?
学べる、けど、泣ける、のほうはねぇ…

ちなみに余談ですが、向後千春さんが監修したこちらの本は「コミックでわかる」です。
もう一つ、「マンガでやさしくわかる」というのがありまして、こちらと混同されると、
大変ご立腹されます。ご注意のほどを 笑

コミックでわかるアドラー心理学
読了日: 2019年8月17日

「マンガ」のほう

この記事へのコメント