「相手の気持をきちんと〈聞く〉技術」がある。[2019-69]【レビュー#270】

0I9A362915032155accyon2_TP_V.jpg
なんだか似たようなテーマの本は何度も取り上げてるなぁ、と思いつつ…


最近、「共感が足りない」という指摘、「前々から話し方が上から目線」という指摘とかとか、
まったく気づいてなかったかとそうではない、かといって改善してるのか、というと、
自分が思ってるほど全然改善が見られてない、などと悩んでおります。

まぁ過去に読んだものを読み返す、とかいろいろ方法はあったと思うんですが、悩み悩んで、
検索に検索を重ねていくつか本を見繕いました。

本日紹介のこちらはそのうちの一冊。
これはシリーズ物で、前著は「自分の気持ちを伝える」ものらしいんですが、今回はとにかく、
受け止める、聞く、共感する、がテーマなのでこちらをチョイス。

軽い感じで簡単な内容です。
ベースはアサーション、というカウンセリング手法の一種なのかな?

ベースとか手法とかは置いておいても、大体のことは、知ってるよ、という内容ばかり。
キャリアコンサルタントの資格もあるくせに、できてないことだらけでもう情けないやら何やら…
簡単な内容であっという間に読めるような本なので、手元に置いておいてパラパラ…

といってもそんな本も今まで紹介した中でも山ほどある気がして、手元に置いておきたい本、
というだけで本棚がいっぱいになってしまうのでは、というパラドクス 笑

この記事へのコメント