そんなに好かれたいわけじゃないけども。「好かれる人が絶対しない…」[2019-74]【レビュー#275】

TRT0607020_TP_V.jpg
いや、でもやっぱり好かれたいのかも。ホンネのところでは。


気づけば買ってた、モノ。その2。
その2というからにはその1があるはずなんですが、直近の記事を見返してみても、
そのような記述がないので、どれをその1と思ったのかは不明です 笑

おそらく、ここ最近の一連の「きく」「はなす」関連の本のことなんではないかと思います。
なので、そのへんの記事を下に置いておきます。右の「最近の記事」からもたどれますが。


で、本題に戻りますが、こちらの本、なぜ「気づけば〜」なんて書き方をしたかというと、
以前に本屋で一度パラパラっと見て、ハウツーな感じがしてこの本はいいかな、
と思っていたんですね。

ところが、気づけば家に届いていた。
いつの間に買ってたんや… 笑

という経緯でございまして。酔ってもなかったのに怖いわ…

それはさておき、こちらの本、最初に見かけた時は上記のような印象だったんですが、
実際読んでみるとタメになることがチラホラと。
要所要所にまとめのように書かれている○×の例がそういう印象を与えてるのかな、と。

ただ、実はそれ以外のところに大事なことが書かれています。
頭とお尻に書かれてることが特に重要かなぁと。

内容的に眼から鱗、とか知らないことばかりで驚き!といった内容ではありません。
上でも紹介したどれか、が一つあればいいのかな、とも思います。
そんなにたくさん持ってても実践できないんじゃもったいないですからね。

好かれる人が絶対しないモノの言い方
読了日: 2019年10月22日

この記事へのコメント