スキル?センス?アート?「仕事ができる」ってどういうこと?

https://amzn.to/2ZpbK3r 名著「ストーリーとして競争戦略」の楠木健さんと「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか」の山口周さんの対談本。それなりに知ってる方とそれなりに近しいバックグラウンドの方なので身近に感じる話しが多く、さらさらと読めてしまいました。立ち読みですけど。速読練習の一環でしたが。

仕事ができるって結局どういうこと?てゆーか仕事ってなんだ?
大事なのはスキルじゃなくてセンスだよね、いやアートだよね、というお互いの持論をぶつけ合う、いやぶつけ合ってもないか、磨き合う、というか、大筋似たようなこと言ってるよね、オレたち。的な井戸端会議風の軽快なやり取りが目に浮かんで楽しいです。

これ読んでも仕事できるようになるか、というとそういうハウツーみたいなことは一切書かれてないです。

そういうことを求めること自体がセンスがない、とか美しくない、とか言われちゃいますね 笑

この記事へのコメント