会社四季報 2020年1集は2019年に発売されています。 [2019-84]【レビュー#285】

stock-2463798_1280.jpg
新春1号ですが、前年末に発売されてるものです。


12月に入ってからクリスマスの頃までバタバタしていて買うのが遅くなってしまいました。

前号はそうでもなかったけど、前々号までの反省も生かして、前号同様二日で一巡目は通読。
同日息もつかせず逆から二周目。
さらにその翌日に前の二周とは別の観点、別の目的でもう一周。

と、年末年始に短期間に高速で回しました。

最初の一周は前にも書いたような気がしますが、あらあらなスクリーニング。
キーワードは、市場、3つの10と1つの1。
二周目は一周目で残ったもの、だいたい数十かな、感覚的には、をもう少し仔細に見ていきます。
観点は、時価総額、株主、等々。
ここで今回は時間に余裕があったので前号と並べて比較してみました。

それを受けてこのあとは四季報を離れてさらに深堀りする予定です。

三周目はまったく別の観点で、前号から試験的に始めたもの。まだ固まってません。
見方としても、その後の方針についても。

個々の銘柄詳細についてはここでは触れませんが、全体的な傾向から2020年に向けて、
向こう1年の印象が透けて見える感じがしますねぇ…

会社四季報 2020年1集
読了日: 2019年12月28日

この記事へのコメント