忘れられないあの思い出。そんな切ない「くちぶえ番長」[20-08]【レビュー#293】

children-1149671_1280.jpg
あなたの忘れられない風景は?そこに誰といましたか?

そんなことを思い出したりもする外出自粛な日々、いかがお過ごしでしょうか。
読書の専門家りゅうたろうです。

今日はそんな切ない一冊。

電車の中で不覚にも泣きそうになりました。

マスクしてるし花粉時期だし、濃厚接触怖いからみんな顔上げないし、
そんなこんなでバレるこたぁなかった(自意識過剰?)のでよかったが、ヤバい。

涙腺崩壊警報

あの「小学四年生」に掲載されてた小説らしいんです。

娘におすすめされて読んでみました。そんな娘は6年生。

マコトとツヨシの、わずか一年の物語。
ごく普通のちょっと気弱な小学四年生、ツヨシ。
その前に突然現れた、チョンマゲを結った転校生、マコト。

マコトとツヨシの間にはただならない関係があって、チョンマゲの秘密からなにから、
マコトの周りには涙腺決壊成分が満載。

物語の最後から、後書きまで、泣かせます。

うーん、めっちゃ切ない。
一期一会、人生そんなもんだよね、と片付けてしまえばそれまでだけど…

うーん、あの子は今ごろどこでなにを……

あなたの心の中にマコトはいますか?

この記事へのコメント