PR担当者必見!なんと0円ですってよ!0円PR [20-18]【レビュー#303】

press-1015988_1280.jpg
取材殺到!

緊急事態宣言明けたら、なんかバタバタと振り回されておりまして、
いきなり言い訳な読書の専門家りゅうたろうです。

今日は取材殺到!間違いなし!?のこちら。

0円PR

何をもって読了日とするか、ということについてはっきり結論っけたわけではないし、
整理して定義したわけでもないんですが、まぁ、

「だいたいわかった」

という判断、それはその後また読もう、なのか、もういいや、とか、

「ここだけは使えそうだからマークしといてまた会う日まで」

とかとか、そういうものが自分の中にできてその本との決着がついた日、
ということに一旦したいな、と。

これは全部の本じゃなくて、いわゆる「狩猟型読書」に当てはまるタイプの本について、です。

注)「狩猟型読書」についてはこちらの記事「習得率98%?!の、1冊10分で読書」で、
  簡単に触れています。
  が、
  「よくわからない!」「もっと知りたい!」
  と思われたら、リンク先の記事からお買い求めください。

それはさておき今日紹介のこちら「0円PR」。刺激的なタイトルですね。
で、手に取ってみるといろいろその他情報が書いてあって帯にもいろいろ書いてあって…

ですがまずはインパクト勝負、で

「0円PR」が、中央に縦書きでドーン!

これなら表紙が見えれば本屋ではかなりインパクトがありますね。
仮に背表紙しか見えない場合でも、赤い太文字で「0円PR」と、
そこそこのインパクトが期待できます。

が、私の場合、特にそのインパクトに惹かれて本屋で手に取った、
のではなくネットでポチり、と 笑

きっかけは日経ビジネスのインタビューというか対談記事でした。

なんか読んでて面白かったので、本を読んでみたいな、と。
この本自体が日経BPなので自社の製品広告みたいなものなんですけどね、
まんまと引っかかりました 笑

まさに自社メディアを使った0円PR効果、ですね。

著者の笹木郁乃さんは『あの」(と呼ぶべきなんでしょうか?)エアウィーヴの爆発的ヒット、
の立役者だった中の人、だそうです。

といってもエアウィーヴも、それと浅田真央の繋がりとか、テレビほとんど見ない私には無力w
なんですが、とにかくそんなお方です。
そして今はPRのプロとしてご活躍のようです。

内容はシンプルでわかりやすいつくりです。
対象としては「0円PR」という名が表すとおり、そんなにPRにお金を必ずしも掛けられない、
中小企業や個人事業主に向けた指南書、というかハウツー、というか、な内容です。

ひと言でいうと、PRを成功させるのに一番必要なのは…
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓



ですね。


なんじゃそりゃ!?
と思ってますかね?
そう思うなら読んでみてくださいよ、絶対納得しますから!
そりゃそうだよね、と思ったあなたは読まなくても大丈夫です 笑

読了日: 2020年4月6日



この記事へのコメント