マーケティングの父といったら。じゃあ「ははは」?[20-22]【レビュー#307】

cat-2886062_1280.jpg
ニャンですと!?

て、書いておきながら、なにに驚いていたのかすっかり忘れてしまいました。
読んでも読んでも忘れちゃう、そんな読書の専門家りゅうたろうです。

そして、今日はこちら。2〜3回立て続けに読みました。


「近代マーケティングの父」と称される著者による一冊。
初コトラーです。

てゆーかポーターとかいわゆる有名どころは実はまともに読んだことがないという…
広告の仕事20年もやってて何やってたんでしょうか、一体、的な。

この本の原題は「Marketing Insights from A to Z: 80 Concepts Every Manager Needs to Know」
「マネジャーなら誰もが知っておくべきマーケティングの…(ん?Insights?本質、かな?)
のすべて」
そんな感じでしょうか。

文字通り80のテーマがアルファベット順に並べてあり、それぞれが辞書的に、
コンパクトにまとまってます。
コンセプトとしては(これもマーケティング用語?適当に使ってる感じがするけど…)、
忙しい実務家のために書き下ろされた本。

てゆーか「Every Manager」って書いてあるからマネジャー向けじゃんね。
今気づいたわ。(アホ)

まえがきに「禅」なんて言及もあったり、最後の項目が「zest」だったり、
というところが個人的に面白いなぁ、と思いました。

が、
マーケターとして採用するのは、人生に熱中できる人間に限るべきだ。そうでない者は経理に回すべきである。
って、ねぇ…

怒るで、ホンマ 笑

なんとなくわかる、けどなんとなく全体像としては掴みづらい、
そしてここから何をどうして…というとなかなか使い方の難しい本だなぁ…と。

なんか、読後感として残るのは、

  で?

でした。(個人の感想です)

いや、その「忙しい実務家」としちゃ、「なにすりゃいいのよ」とならんかな、と。
コトラー先生ごめんなさい。


読了日: 2020年4月17日
コトラーのマーケティング・コンセプト

フィリップ・コトラー/恩蔵直人 東洋経済新報社 2003年05月15日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事へのコメント