文学オンチ克服の救世主、あらわる。

IMG_9223.jpg
一気に大人買い。

こんなブログをやっていながら、文学にはすっかりうとい、読書の専門家りゅうたろうです。
名乗るもの恥ずかしいわ 笑

有名すぎる文学作品も、定番すぎる文学作品も、必修すぎる文学作品も、どれもこれも、
ちょびっとしか読んでない 涙

最近、というか前からちょいちょいと、娘からオススメされたり、
娘にせがまれたりして、新しい本との出会いがありまして、自分の世界を広げるのに、
いい機会をちょうだいしております。

受験勉強バンザイ、的な。
本人大変ですけど。

で、今日ご紹介の3冊、こちら読書レビューじゃありません。
まだ読んでいないので。

なんでコイツらをこれを買ったかと申しますと、なんか国語の知識問題でね、

  〇〇の作者は誰?

というのがありまして。

ま、それだけ機械的に暗記モノとして攻略する、という手もあります。

だけど、それじゃあまりに味気ないし、勉強のための勉強とかって、
記憶容量と時間の無駄遣いな気がしてもったいないな、と。
(個人の感想です)

なんて、いいながら、自分も、

  あー、これは誰々が書いた〜〜こんな話しで、是非オススメ

とかいいたいんだけど、全然いえない。

なんでか、っつーと読んでないから。
そして、さらにいうと、自分がその昔、そんな記憶容量と時間の無駄遣い、
的な勉強をしてきてしまったと猛省しました。

せめて、

  作品名 ⇔ 作者

という機械的な理解(理解じゃないな)だけじゃなくて、

  この作品は、〇〇が書いた、こんな内容のお話し

くらは理解しておいて欲しいな、と。

勝手に思って買ったんですが、まぁそれにはうまく同調してくれたようで、
娘は早速一冊読んでました。

私はチラ見しかしてないんですが、アマゾンだったかのレビューにも書いてありましたが、
ほんと、タッチが水木しげる風、てか、そのもの。

  「まさか水木しげる先生がお描きになられたわけでは…?!」

と思わせるような、ほんとそっくりの画風です。

  チラ見だけかい、お前は読まんのかい!?

という感じられたかもしれませんが、もちろん読みますよ!

ただ、一応、読書の専門家、とか名乗ってる以上、これを読んで終わり、
ということではなくて、そこから、

  ぜひコイツは読んでおきたい

というものをピックアップして潰していきたいと思います。

本当は、これらの本のタイトルからして、発行順に、

  有名すぎる〜
  定番すぎる〜
  必修すぎる〜

ときているので、全部読めよ!と自分で自分を焚きつけたいところですが、
いや、というかそういう思いではいます。

ただ、まぁ折に触れて取りあげてますが、このブログタイトルの冒頭に書いてます、
世の中に、読みたき本は数限りなくあれど、いのち短し恋せよ乙女。
にあるとおり、どこまでいけるのか、自分への挑戦でありますが、がんばります。

よろしければ、あなたも一緒にどうでしょうか? 笑

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場 リイド社 2015年09月
売り上げランキング :
by ヨメレバ
定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場 リイド社 2016年07月29日
売り上げランキング :
by ヨメレバ
必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場 リイド社 2017年09月07日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事へのコメント