「こんな夜更けにバナナかよ」人間の意地と強さと弱さと… [2019-81]【レビュー#282】

キッカケは映画から。大泉洋主演で高木充希がバナナの映画。(なんか違う)軽妙なタッチで筋ジス(筋ジストロフィー)鹿野の強烈なキャラクターと、それを取り巻くボラ(ボランティア)含めた様々なひとの人間模様を描いた作品。本人の当時の映像とかも見られてすごいインパクトのある映画だった。めっちゃ泣き笑い。 面白かったですよ。

続きを読む

ほとばしる感情。ドストエフスキーを読んだ(これホント)[2019-80]【レビュー#281】

以前、青空文庫で無償配布されているものをレビューしました。こちらで。「もう「ドストエフスキーを読んだと嘘をついた」人生にサヨナラ」ってよくわからないタイトルですが、この記事を読んでもらえればわかります。そんなもったいつけるような大した理由じゃないので気にしなくても大丈夫。 それはさておき、上の記事でご紹介したのは、「カラマゾフ兄弟(上)」というもので、ごく一部。 で、中途半端に置き去りに…

続きを読む

「いつもそうだ」なんて大きな勘違い、な禅のお話し [2019-79]【レビュー#280】

禅マインド・ビギナーズ マインド2 (サンガ新書 66) - 鈴木 俊隆, 藤田 一照, 藤田一照 毎日コーヒーのお湯を沸かす間に少しずつ、ゆっくりと。禅センターでの接心、という一週間の修行の間の老師の講話を再構成したもの。一つ一つ、ゆっくり丁寧に読み進むと、心に沁みます。 前回ご紹介のときにこう書いていまして↓ そのとおり読み進めました。(前回のレビュー記事:「初心(ビギナーズ・マイン…

続きを読む