読書レビュー#8:「お金をかけない フリーランス&個人事業スタートアップマニュアル」



こちらでなんどか触れていますが、知ってる人は知っているとおり、
昨年末で職を辞し、現在浪人の身なわけですが、
もしどこにも仕官の道が閉ざされた場合のことを考えて…。

というわけでもないんですが(笑)、まぁ雇われの身には必要ない本だったりするので、
いい機会なので読んでみました。

ですが、なんかちょっと思ってるのと違いました。
と思ったところで止めても良かったんですが、なかなかそれができないんですね、ワタクシ。
で、まぁ小一時間で読めるものなので通読してしまいました。

「マニュアル」と題しているが、これで走り出せる人いるのかな?
というのがまず浮かんだ感想で、これでもし走り出すことができるなら、
そういう人は元々こういう本すら必要としない人なんじゃなかろうか。

それかあとは本書の中に何度か出てくるが、筆者がコンサルしてきた相手の中には、
それまでまったく起業とか新規事業とか何も考えたことがない、
という人が多くいるようで、そういう人がまず取っ掛かりとして読んでみる、
そういう目的であればいいかもしれないなぁ、と。

ホントゼロから、というのであれば読んでみて悪くはないと思います。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック