読書レビュー#9:「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」



前回紹介した「お金をかけない フリーランス&個人事業スタートアップマニュアル」につづいて、
同じような感じの本。

上記の本のレビューをしたときは、


なんかちょっと思ってるのと違いました。


と書いたんですけど、今回こちらの本を読んで気づきました。
こっち系の話しの本が読みたかったんですね。

こちらの本、副題、と呼んでいいのか、表紙の左端に赤い玉で、

  ”個人事業主・フリーランスの「経費」と「節税」”

と書かれてありまして、要はそっちの話しが聞きたかったんだよ!
という感じです。

で、ワタクシくどいようですが今浪人中の身なんですが、
もしあなたがその他のレビューを見てくれていたりすると、

  こいつ、起業、するのか・・・?

という疑問をお持ちになるような気がするんですね。

まぁ必死になって否定することもないんですが、一応申し上げておきますと、
普通に求職中です。人生二度目の就職活動中です。

じゃあなんでこんな本を立て続けに読んでいるのかといいますと、
(そしてここで終わりじゃない。まだ続く予定)
もう一年以上前になりますが、「本を読む本」という本を題材に、
こんな記事を書きました

まぁ笑っちゃうくらいにくだらない内容なんですが、
一応マジメな話しも若干しておりまして、この本の中に出てくる読書術として、

  シントピカルリーディング

というのが出てきます。
これが何か、というと、上記の記事とは別に、フォトリーディングを取り上げた記事のひとつで、
シントピック・リーディング、という呼び方で取り上げてもいます。

要は、syntopicalで、「syn」シンメトリーの「シン」とかと同じですね。
同じ、みたいな意味だとざっくりとらえておいてください。

つまり、同じトピックの本を読む、というそれだけのことです。

すごーくもったいぶって、長々と引っ張った気がしますけど、自分のやり方として、

  「物事の理解を深めるときには、同じテーマの本を何冊か立て続けに読む、
  ということをしています。」

といいたかっただけです。

で、気がつけば本の紹介を離れてあさっての方向へきてしまいました。

何の本の紹介かお忘れかもしれないので、一応リマインドしておきますが、
経費で落ちるレシート・落ちないレシート
という、自営業者にとっては死活問題ともいえる内容の本です。


これも、前回紹介した「お金をかけない フリーランス&個人事業スタートアップマニュアル

と同様、軽い書きっぷりのハウツー本の類です。

鈴木さん、というライターと梅田さん、という会計士・税理士(要は著者)、
との対話形式で話しが進んでいきます。

これだけでどうにかできる、という内容や作りにはなっていません。
が、

  白色申告と青色申告

とか、

  法人成りすべきかどうか

とかとか、

こういったテーマ自体が「それなに、うまいの?」みたいな場合は、
読んでみると、次に何を読むべきか、どういうことをするべきか、
というのが見えてくるかもしれません。

右も左も分からない、そんなあなたにはオススメできます。








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック