簡単NLPの基本のキ。マンガで、すぐに、なりたい自分になる。[20-34]【レビュー#319】

clouds-5257972_1280.jpg
なにが見えるか、なにに見えるか、はあなたの持つフレーム次第。


なかなか自分のとらわれから抜け出せない、読書の専門家りゅうたろうです。
何の話しをしているかというと、今日ご紹介のこちらのことです。


こないだブックオフで見かけて。
NLP、実はずっと気になっていて。どっちも。
どっちも、ってなんや?って話ですけど、NLPってなにを思い浮かべました?

自然言語解析のあなた?
神経言語プログラミングのあなた?

どっちがプログラミングやねん、という感じですが…
今日ご紹介は後者。神経言語プログラミングです。
この本の副題に「なりたい自分を手に入れる!超実践心理学」とあるので心理学の一種ですね。
提唱者はバンドラーて人。

NLPについてはトニー・ロビンスのこれ↓、もそれ系なんですが、純粋にNLPの本じゃないので、
一度NLPの本を読んでみたいなと思ってました。

これ、とはこちら。


(レビュー記事はこちら:「一瞬」で自分を変えてみよう。

で、本日ご紹介の「マンガでやさしくわかるNLP」に戻ります。

マンガかよ?!て感じですかね?

そうかもしれませんが、たまたまブックオフで見かけまして、そしてNLP関係では、
他にそれらしいのがなく、まぁ入り口としてはいいかな、と思って買いました。

マンガでわかる系はそんなにバカにしたもんでもない、という自分の価値観もあって、
過去には「マンガでわかる統計学」とか、「コミックでわかるアドラー心理学」とかとか、
お世話になってます。


で、話しを戻すとNLPです。
確かに入門なので中身の軽さはありますが、ざっくりつかむにはまったく問題なし。
さらに、いくつかエクササイズも入っているので実践するだけで少しは変わるのかも、
と思うのでトライしてみます。

マンガ自体はザックリと流れと大筋を理解させるものであってメインのストーリーではない
(と思っている)ので、話としてはtoo good to be trueで、ハナからほぼオチも見えてる、
て感じのものですが、悪くない。

しかしこうやっていろいろ読んでみると、NLPもアドラー心理学もアンガーマネジメントも、
そしてカーネギーをはじめとしたその他もろもろ自己啓発の本も、すべて根幹は一つですね。

この図がすべてを物語っています。
OK (EW) tBa BEST S oneO tro.E. Soir. tEne8 WEEn REILO OK HLIK, AMTOAMERRYSELIS.jpeg
一言でいうと、色即是空 空即是色、自我を一切捨て切って、無になること。

これこそが本質である、と。

仏教ですね、仏教。

ブッダ万歳。
2500年前に答えが出てたw


マンガでやさしくわかるNLP
読了日: 2020年7月23日
ブッダ、ということでこちらも置いておきます。
(ちなみにブッダのレビューはこちら。

この記事へのコメント