忙しい、時間がないは通じません!『新1分間マネージャー』[20-35]【レビュー#320】

KAZUHIRO171013175_TP_V.jpg
1分ってどのくらい?


カップ麺もできあがらない。ハリガネの替え玉くらいでしょうかね。
博多ラーメンの替え玉はハリガネと決めている読書の専門家りゅうたろうです。

ずっと読みたいと思っていたんですが、もとの本はもう見当たらず、「新」という形になって、
改訂されたようなのでそちらにしました。

そちらとはこちら↓



電車移動、ものの30分くらいの間で2回回せました。

メチャメチャシンプル。

思想として、使えなきゃ意味がない、という書かれ方のようなので、ポイントは3つだけ。

1分間目標設定

1分間称賛

1分間軌道修正

それぞれ原語だと、One Minute Goals, One Minute Praisings, One Minute Re-Directs
そのまんまですね。

ですが、それぞれが複数形になってるところに注意してください。
1回やったらいいよというものじゃない、ということなんでしょうね。

相手によりけりですが、メンバーがセルフコントロールようになるまで、そしてその後でも、
ほんの少しの時間でいいからちゃんと日常的に関わり続けるべし、という意味です。

共著者のスペンサー・ジョンソンは、『チーズはどこへ消えた?』でもあります。
(レビュー記事はこちら:「今年こそ!と一念発起したいあなたに。
 英語版でした。特に読むようなレビュー記事でもないです 笑)

なのでかどうかはわかりませんが、同じようにシンプル。

確かに常に手元に置いておく、持ち歩く、という使い方がいいかも、というくらい。
でもポストイット3枚でも済んでしまうかも。

本の中でも書かれてますが、職場のマネジメントだけでなく、部活のチームでも、
家族でも、学校でも使える考え方、なんではなかろうか。
早速試してみようかなぁ…
そんなにうまくいくんかいな、とも思いつつ…

くり返しですが、何度も読んで、何度も試してみる、というのに向いてる本だと思います。
そう簡単にはうまくいきません。
実際試そうとしてみましたが 笑

練習あるのみ。


新1分間マネージャー
読了日: 2020年8月30日

ご参考までに、『チーズはどこへ消えた?』です。

この記事へのコメント