『変身』願望があるあなたに。[22-04]【レビュー#381】

ookawaIMGL2363_TP_V.jpg
変わりたい…。



今日ご紹介はカフカの変身です。
メタモルフォーゼ。
読んだことがあるつもりでいたが実はなかった。
ということに気づいたのは『有名すぎる文学作品を』を読んでから。


虫は芋虫で蛹になって羽化して(蝶だったか蛾だったかは曖昧)…
という記憶と違う話しだったので「アレッ?!」と思ったんです。

実は自分が知ってると思った話は手塚治虫の『メタモルフォーゼ』だったという驚き。


で今回改めて本家本元のカフカの『変身』を読んでみたわけですが…

いや、これ訳わからなすぎるし、救われなさすぎるだよろうよ!!
ちょっと悲しすぎるな、と。
こんなふうに人生終わったらどうしよう…みたいな。

変身願望も考えものですね。

変身
読了日: 2022年1月15日




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック