『兎の眼』が語るダイバーシティの本質。[21-38]【レビュー#375】

人間て… 何十年ぶりかの再会。娘が受験対策で、ということで買ってたのが読まずに放置されてました。なので私がこのたび読んでみました。 その昔、初出は1974年なので出版されたばかりではないと思うが、小学校の時にウンウン言いながら読んだかすかな覚えが。というのもその後同じく灰谷健二郎の『太陽の子』*も読んだので。 *別途レビューしますがちょっと勘違いがあったっぽいです。 中身は何にも覚えてな…

続きを読む

『驚異の「紙1枚!」プレゼン』簡単なようですが一筋縄ではいきません。[21-37]【レビュー#374】

考えに考え抜くこと。 トヨタのA3とかA4とか言われるのがビジネスの世界では有名だったりしますが、その研究をする必要がありまして。 A4一枚のトヨタ方式の人らしい。浅田すぐる氏、もとトヨタの人だそうです。 A4一枚にまとめることが目的ではなくて考え抜くこと(筆者は「思考整理」と呼んでいる)が大切。 それと3つの疑問詞what?why?how?に答えること。 これがエッセンス。 端…

続きを読む

『「経験学習」入門』で怖いものなし…?[21-36]【レビュー#373】

やってもた… 「経験学習」ってなに?経験から学ぶってどういうこと? ということに興味があるあなたに。 スゴい簡単にわかりやすく書かれてます。非常に読みやすいので経験学習はじめの一歩としてメチャおすすめ。 で単に自己啓発本みたいに読みやすく書いてるわけじゃなくて、ちゃんと後ろには膨大な理論的背景が…巻末の参考文献リストを見てみるとわかります。そんなこんなをこれだけの簡便さに読みやすくま…

続きを読む